FC2ブログ


 ~Pふりーくの部屋~

プリキュアドリームスターズ感想

DVD特装版買って見たので、感想。
結論から言うと、「いろいろツッコミどころはあったけど、面白かった」です。

まず、サクラちゃん可愛いですねぇ。絶対領域が大変によろしい。またこれはほかにホイップでも感じたんだけど、CGになると「スカートの中のモコモコ」が妙にえろくありません?下着っぽさが際立つというか…。
アニメパートの作画の美麗さも素晴らしい。特にリコの髪の毛の作画が異常に繊細に感じたんだけど…中谷さんはテレビ「まほプリ」でもお気に入りの作監さんだったので、文句なしです。足がえろくてよし♥ゼツボーグを蹴り飛ばすシーンでなぜか全員そろってスカートの中全開だし…。
ストーリー展開も悪くないかと。ところどころテンポや演出が「?」と思うところはあるけれど、この作品、「映画」というより、「見に来てくれた子供たちを楽しませるためのイベントムービー」として作られてると思うので、これでいいのだと思います。「作戦タイム!」のくだりとか、映画の盛り上がり的にこれはどうなん?と思ったけど、思わず笑ってしまったのは確かだし。
ペコリンがしゃべりまくるのも驚き。テレビ10話ぶんぐらい喋ったんじゃないの(笑)まさかテレビであんなに影が薄くなるなんて誰も思ってなかったろうな。
予告で気になってた壁ドンシーン、「あきらさんはこういうことしないだろ?」と思ってたんですが、なるほど、そういう…いっぱいいっぱいというか、あきらさんなりにノーブルに振舞ってるつもりだったのか(笑)

では不満点はというと…「NS」シリーズとほとんど同じ。
「オールスターズである必然性がない」
完全にいちかとサクラの話になってしまっていて(それ自体はとてもよくできています)、他のプリキュアたちがいる意味がない。ファンが望んでいるのは「懐かしいプリキュアたちにまた会える」ということだろうと思うんだけどなぁ。
特にまほプリ勢、扱い悪くありません?みらいが妙に短気な感じで違和感あるし、はーちゃんて「はー!」言いましたっけ?中盤で一度ぐらい言ってたかもだけど…。
あと、最終決戦時に妖精たちを置いていくのもなぁ。少なくともモフルンは連れてくはずでしょ、もし変身解けでもしたら困るし。

これはアマゾンレビューなんかでもさんざん突っ込まれていたせいか、スペシャルブックレットに載っているスタッフ座談会でも言及してますね。監督の宮本さんいわく「本当は連れていきたかったんだけど、モデリングをしなきゃいけないし、いろんな事情で置いていかざるを得なかった」そうです。
あれ、パフとアロマはどうだったか覚えてないけど、モフルンとペコリンにはCGモデルがあるはずでは…?
それに、これに対して鷲尾さんが「作ってる最中にそういう愚痴を言わなかったよね。すごいことだと思う」なんてズレまくったこと言ってるのが気になりました。そりゃ愚痴なんて言うわけないだろ、仕事が減って楽ができるんだから。
「やりたくてもできなかったこともいっぱいあった」て…過去作キャラの扱いをそれぞれの設定に沿ったものにする、なんてのはむしろ「やらなきゃいけないこと」なんでは?それができない、ないしやる気がないのなら、初めから過去作のキャラなんて出すな、と。
ましてファン視点から見ればやって当然のことをやれなかったことに対して、「愚痴を言わなかった、すごい」とほめてしまうって…なんか変じゃないの、その感覚。完全に商売目線で、ファン目線に立っていないんだな…鷲尾さんでもこんなこと言っちゃうんだ…。
この直後、宮本さんが「誰のために作っているんだ、ということを絶対に見失っちゃいけない」なんて言ってるのも失笑ものでした…「どの口が!」と。ついさっき、作品ファンの希望より制作の都合を優先した、と認めたばかりじゃないですか。それとも今作のスタッフ陣は、「プリキュアファン」より、納期や予算を気にする「会社の上層部」のために作っている、ということなんですかね…?

もはや「過去作を愛するファン」の目線など持っていないどころか、そういうファンを見下したり敵視したりしているような「仮面ライダー」「聖闘士星矢」の惨状に比べれば、プリキュアはずっと誠実であり、ファンを大切にしているシリーズである、と思いますが…それでもなお、ファンの希望より自分たちの制作上の都合を優先させて、しかもそれを悪いこととは思っていないらしいのが…まあ大企業なんてみなそんなものであり、そのぐらい割り切らなければ数億円規模の市場をもつコンテンツを動かしていけない、それが現実なのかもしれませんが。
なにか、「プリキュアシリーズの闇の部分」、すくなくともその萌芽みたいなものがこの座談会から感じ取れてしまいました。願わくば、鷲尾天さんをはじめとするスタッフたちが、「ファンあってのコンテンツなんだ」ということを忘れてしまいませんように。ファンの存在を忘れさった傲慢さは今までプリキュアシリーズにはなかったし、今後もあってほしくないです。心から。

なんか内容とは関係ないことばかり書いてしまった気がする。まあ全部僕の妄想ちゃあ妄想にすぎないし(爆)普通の人はこんなこと気にせず楽しめるはずです。現に楽しかったし。

次回イラストは「ビニールプール」で。下絵はもうできたので日曜日にはアップできるでしょう…多分。プリキュア絵も下絵清書しましたよ~、K氏。
ところで、ここを見てらっしゃるかわかりませんが、DLサイトコムでコメントをくれた方、ありがとうございます(今更すぎますが…)。過去作の委託販売は僕も考えないでもないんですが、「修正の基準が今と違う」と思うんですよね…。自分でサンプルに修正を加えればすむ話なんですが、考えておきますです。




今思い出したんですが、これを買いに行った時店頭で流れてた「モアナと伝説の海」のワンシーン…ヤバくありませんかね、ロリコン的に。ディズニーアニメでそんなこと気にするアホなぞ普通いねぇよ!でしょうけど。アメリカはそういうの日本より厳しいんじゃないでしたっけ?(しつこい)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2017/07/25 18:18 ] プリキュアシリーズ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

なかじまともき

Author:なかじまともき
サークル『Pふりーく』にてロリエロ同人誌を描いております。イベント参加は基本的に「ぷにケット」のみ。委託は「とらのあな」「DLサイトコム」「デジケット」「DMM」様にて行っています。直接通販も下記メールフォームからどうぞ。

好きな作品は
アニメ・「ふたりはプリキュアスプラッシュスター」「ドキドキ!プリキュア」「勇者指令ダグオン」
特撮・「仮面ライダー剣」
漫画・「ワイルド7」「エリア88」「ジョジョの奇妙な冒険」「聖闘士星矢」「聖闘士星矢THE LOSTCANVAS 冥王神話」「ピーナッツ」「みつどもえ」「東京物語」ふくやまけいこ・竹本泉作品全般、等々…。
小説・「銀河英雄伝説」「青の騎士ベルゼルガ物語」「戦闘妖精・雪風」「トミーノッカーズ」「死のロングウォーク」金田一耕助シリーズ、スティーブン・キング作品全般、等々…。
映画・「悪魔のいけにえ」「サンゲリア」「墓地裏の家」「サスペリアパート2」ホラー映画全般…。
ゲーム・「聖剣伝説 FF外伝」「ロマンシングサガ2」「3」「ライブアライブ」「フロントミッション1st」「闘神伝3」「餓狼伝説(1)」サガシリーズ全般、等々…。

ロリエロイラストを中心に、日々の妄想やら愚痴やら上記のような作品の感想やら同人活動の宣伝やらを書き連ねていこうと思っております。

お問い合わせ
同人誌の在庫確認、
その他お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

通販可能な同人誌

ナイトシフト


人形地獄


ある日の水遊び


First Stage


夢見る竜の姫


結婚記念日


迷宮学級


幼殖園


恋の守護妖魔


墜ちたる聖母


MERRY GO ROUND


玩具遊び


神の庭の子供たち


入欲時間


子取り鬼


えみるみ☆ぷにマジック

各400円
ご注文はページ左上の
お問い合わせメールフォームへ。
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -