FC2ブログ


 ~Pふりーくの部屋~

ニチアサ感想(のみ)

またもイラストなし。いや、3時間残業の現場が2回も入って絵を描く時間がなかったんすよ…まあ単にだれてる僕自身の責任ですが。ぷにケットの締め切りがないとどうにもダラダラしてしまうなー。

「仮面ライダージオウ」8話
仁藤の存在が事件の解決に全く寄与してない…まあ今までもそうだったけどさ、果たして今後改善されることはあるのだろうか? 理解不能の俺ルールにやたら固執する白倉がいる限り無理だと思うけど。
しかも仁藤と対面したのがゲイツだけで、ソウゴは会いさえしなかった…まあ2号ライダーつながりだし、ソウゴの不快な態度を見ずにすんだのは逆に良いことか。
このソウゴのレジェンドライダーに対する無礼な態度には理由があるそうで…白倉・下山(もう敬称つけたくない)両氏のいうその理由を知って
「馬鹿じゃねぇのこいつら」
としか思えませんでしたけどね…だから、そういう現実には通用しない(あんたらたそういうこと普段実行してないんでしょ?)「俺ルール」に固執するのをやめろ、客観的な常識で物事を判断しろ、と言いたいんですよ。アホか。

…が、レジェンド要素に目をつぶれば、今回の本筋は面白かったです。
いや、恋愛ドラマなんかでは当たり前の解決であるし、その程度でソウゴを「計り知れないやつ」扱いは持ち上げすぎだ、とかは思うけど。それを差し引いても良かったし好感が持てた。
ソウゴが「敵を倒すより、人の心を救いたい」とはっきり表明し、かつそれを実行してみせたこと。その解決法が、きちんと「時間を越えられる」というジオウならではの能力を活かしたものであったこと。この2点が大きい。
「ヒーローらしさ」と「ジオウらしさ」がともに表現されていて、文句なしです。3・4話の水準に戻ってくれた感じ。やればできるじゃあないですか。まあ、今のところジオウは「「ダメダメな話」と「なかなか良い話」が交互にきている感じで、次回また元の木阿弥…という可能性もあるので、楽観はできませんが。
レジェンド要素に関しては一貫してダメダメですけどね…直前に放送したプリキュアが、制約の厳しいなか「レジェンドかくあるべし!」という見本のような作りを見せてくれただけに、よけいにそう思います。ほんと、白倉さえいなければ…。

ウォズがなんだかんだで仲間になじみつつあるのはいい感じです。まあ、先のネタバレを見る限り、そうならなきゃ困るんでしょうが。

「HUGっと! プリキュア」37話
前回けなしといて何ですが…控えめにいって、今回は最高でした!
初代コンビの登場シーンのなんと盛り上がること…! やはり「当時の音楽が流れる」これがあるとないとでは全然ちがう。さらに、前回ゲスト時にはハブられていたひかりちゃんが満を持して登場! こうでなくっちゃあ!
クライマックスの戦闘なぞ、もはや「プチオールスターズ」状態。スケールもアクションの密度もTVレベルではなく、まさに映画オールスターズレベル! しゃべるのははるはるとめぐみだけだけど、うまくごまかせています。これはアニメならではの強みですね(ジオウの「後ろ姿だけ」演出では僕はごまかされませんでした)。戦闘それ自体も、「雰囲気ないし技が似たキャラ」同士の共闘、という明確なテーマがあり、見ごたえ満点! 
地球レベルの巨大な敵にさすがに気圧されるエールに対し、全く揺るがないブラック&ホワイトもいい感じ。映画も含めれば、幾度となくこのクラスの敵と戦い、勝利してきたことがちゃんと反映されている、いい描写です。経験豊富な先輩らしさがちゃんと出ている。
さらにトドメ、満と薫! 満と薫まで…!!(感涙)レジーナももちろんいるし、各作品でプリキュアに準ずる存在だった、あるいはプリキュアに力を与えてくれたキャラまで大集合…! すげえぇぇぇ! まさかここまでやってくれるとは思いませんでした! どれだけ絶賛してもまだ足りない気分です!!
演出がタナカリオンとくればこのレベルも当然か…脚本家は前回と同じで、作画もじつはそこまで綺麗なわけではないのも同じなのに、演出家の力量でこうも化けるものなのか…。
というか、これ原画3人なのか?!!! それでこのハイクオリティ?!! 青山さんに板岡さん(もうひとりの方誰でしたっけ…失礼ながら名前覚えてない…)、あんたたち超人かよ?!! 今度の映画ハグプリから戦闘シーンを使いまわしてるのかと思いましたが、あちらはフルCGみたいだから、違いますよね…? 
なんというか、「プリキュアの本気」を見せつけられたようです。凄すぎる…。

いろいろな意味で比較するべきでない、ということは分かってるんだけど、それでもなお「ジオウ」とのあまりの違いに思いをはせてしまいます…白倉と下山はこの回を見たらなにを思うのだろう…。

プリキュア15周年アニバーサリーブックも買ってきました。駅構内の本屋で平然と買いましたよ、何か?
稲上さんの色紙、ブルームとイーグレットがちょっとベタベタしすぎじゃないですかね…? 青山さんの集合絵でも恋人ストロー状態だし、今やこの2人、公式でもこういう関係という扱いなのか。おのれらふたご先生に毒されすぎじゃ(笑)。中の人たちのせいもあるんだろうけど。
中の人といえば、榎本温子さんがメモリアルエピソードに12話をあげていたのが印象的でした。松来さんのことを思い出していたんだろうなぁ…。
高橋マンの色紙…近い、顔近いよ、ひびかな・マナりつ! まあこちらは本編ですでにこういう関係でしたけどさ。

「鬼滅の刃」
ようやく富岡さんの過去が明らかに。
というか、前から疑問だったんですよね、「鱗滝さんの弟子はみんな最終選別で殺されていたはずだけど、じゃあ富岡さんは?」と。ここにきてこの伏線が回収されるとは。ワニ先生、描きたくてうずうずしてたんだろうな(笑)
しかし、めんどくさい人だなぁ富岡さん。そりゃ最終選別ではただ生き残っただけかもしれんけど、その後幾多の死闘を生き残り、柱にまで上り詰めたのは、間違いなく自分自身の力でしょ? 最終選別で大活躍しても、その後は戦死したり、柱になれずに終わる隊士だっている…というかそのほうが遥かに多いだろうに。
実際、不死川兄あたりがこの事情を知ったとしても「イヤミかテメェ」ぐらいにしか思われないんじゃあ。理解してくれるのは、同じく鱗滝さんの弟子で、錆兎のことも知っている炭治郎ぐらいのもんでしょう。それが分かっているから、御館さまも炭治郎に富岡さんのことを託したんだろうけど。
この展開だと、富岡さんに稽古をつけてもらって、「お湯の呼吸(仮)」を完成させる、ということになるのかな?

「聖闘士星矢 エピソードGアサシン」
聖衣装着どころか、星矢たち5人全然登場しなかった(笑)
現世を取り込んでロストと一つにしてしまうのがアイオロスの目的なんだろうか。だとするとべつに黄金12人揃えなくてもいいんじゃあ…今現に必要ないわけだし。これはまあゼウスという予想外の要素が絡んできたせいかもだけど。だとしたら妙に柔軟だなロストアイオロスさん。
聖衣をまとってのそろい踏みは次回に持ち越しかな? それにふさわしい盛り上がる舞台を作るための今の展開でしょうし。
待ちきれなくて、聖闘士聖衣神話EXアクエリアス氷河を注文しちゃいましたよ(?)。サジタリアス星矢とライブラ紫龍はまあ確定だろうけど、バルゴ瞬とレオ一輝は出るんでしょうね…? 5人揃うと信じて注文したんですけど…?

次回は、「かおりちゃんSOS」がもうラフができてるけど、ひさびさにエロイラストも思いついてこちらもラフできてるので、どっちかになると思います。その時のノリで決めます。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2018/10/21 13:19 ] 日記 | TB(0) | CM(7)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/10/23 10:47 ] [ 編集 ]
Re: かおりちゃんSOS
場所も遠いし、絵を描く時間が取れなくなるのはちょっとですね…まあ今回は締め切りもないし、いいんですが。

おお、歩いてるだけで見えるとは…! ワカメちゃん状態と表現してしまうと萌える気が失せますね、たしかに(笑)。
僕も先日、ミニワンピの子がちょっとかがんだだけでおしりから白いものがチラッと見えて、満足したものです。
[ 2018/10/27 18:12 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/10/31 14:19 ] [ 編集 ]
Re: パンモロ
ピンクに白の水玉…! 素晴らしい! しかもさらに白パンツの子が追加とか、パラダイスですね!!
仕事行く途中、幼稚園の前を通ったんですが、正門前の掲示板に写真が貼られてて…夏場の海辺なんでしょうが、子供らしからぬ布面積のやけに小さい縞々ビキニの幼稚園女児が、ビーチチェアに寝そべってドヤ顔してる(?)というやつでした。
下からちょっとあおり気味の構図のせいか、絶壁の胸とおなかが強調されて、水着の面積も実際より小さく見えるという非常にナイスな写真でした。早朝だし人通りもないので、いただいていこうかと一瞬思いましたが、さすがに思いとどまりました(笑)僕の対象年齢よりギリギリ下の年齢みたいだったし…でも携帯のカメラで撮っておけばよかったかな。
次のイラストのネタにしようと思ってます(笑)
[ 2018/11/04 13:40 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/11/05 13:47 ] [ 編集 ]
Re: パンモロ
白地に大きな水玉だと「エロすぎる」からかな(笑)僕の持ってる子供服のカタログだと、水玉が小さくてびっしり敷き詰められてるような感じで、白地が目立たない感じでした。
アングルの関係で水着面積が小さく見えるのがまた…この写真撮ったひと、ロリコンじゃねぇのと疑いました。携帯で撮ること自体は楽ですね、周りに人がいなければ。帰りがけに撮っていこうと思ったんですが、ちょうど人が通るところだったんで…行きにまだ人がいない時間帯で撮っとけばよかったなぁ、とプチ後悔です(笑)
[ 2018/11/11 20:29 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/11/12 23:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

なかじまともき

Author:なかじまともき
サークル『Pふりーく』にてロリエロ同人誌を描いております。イベント参加は基本的に「ぷにケット」のみ。委託は「とらのあな」「DLサイトコム」「デジケット」「DMM」様にて行っています。直接通販も下記メールフォームからどうぞ。

好きな作品は
アニメ・「ふたりはプリキュアスプラッシュスター」「ドキドキ!プリキュア」「勇者指令ダグオン」
特撮・「仮面ライダー剣」
漫画・「ワイルド7」「エリア88」「ジョジョの奇妙な冒険」「聖闘士星矢」「聖闘士星矢THE LOSTCANVAS 冥王神話」「ピーナッツ」「みつどもえ」「東京物語」ふくやまけいこ・竹本泉作品全般、等々…。
小説・「銀河英雄伝説」「青の騎士ベルゼルガ物語」「戦闘妖精・雪風」「トミーノッカーズ」「死のロングウォーク」金田一耕助シリーズ、スティーブン・キング作品全般、等々…。
映画・「悪魔のいけにえ」「サンゲリア」「墓地裏の家」「サスペリアパート2」ホラー映画全般…。
ゲーム・「聖剣伝説 FF外伝」「ロマンシングサガ2」「3」「ライブアライブ」「フロントミッション1st」「闘神伝3」「餓狼伝説(1)」サガシリーズ全般、等々…。

ロリエロイラストを中心に、日々の妄想やら愚痴やら上記のような作品の感想やら同人活動の宣伝やらを書き連ねていこうと思っております。

お問い合わせ
同人誌の在庫確認、
その他お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

通販可能な同人誌

ナイトシフト


人形地獄


ある日の水遊び


First Stage


夢見る竜の姫


結婚記念日


迷宮学級


幼殖園


恋の守護妖魔


墜ちたる聖母


MERRY GO ROUND


玩具遊び


神の庭の子供たち


入欲時間


子取り鬼


えみるみ☆ぷにマジック

各400円
ご注文はページ左上の
お問い合わせメールフォームへ。
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -